仲介手数料無料のユニバーサルハウジング 不動産仲介手数料が無料のユニバーサルハウジング 仲介手数料って何? よくある質問 お客様の声 サイトマップ
仲介手数料の仕組み
皆さん仲介手数料って言葉を一度は耳にした事があると思います。
おそらく皆さんの認識は、
家などを 買ったり、売ったり、借りたり する時に、
不動産業者に支払うお金

って事ですよね?確かにその通りです。
では、その金額は一体いくらになるのでしょうか?
弊社は売買専門なので、ここからは売買でのハナシになりますが、

通常の仲介手数料は物件価格の3%+6万円 です。

例えば5000万円の新築戸建てを購入する際の仲介手数料は
5000万円×3%+6万円=156万円 ということです。

けっこうな金額ですよね?
物件価格によっては楽に新車が買えちゃう位の金額です。
でも安心して下さい。
その新車を買える位の仲介手数料を、「無料」 もしくは、どんなに高くても 「半額以下」 にする会社を、今のアナタは見つけたのですから。

では何でそんな事が可能なのか?
その前にそもそも仲介手数料の仕組みはどうなっているのか?
まずはこれを簡単にご説明致します。
※物件価格×3%+6万円 は簡易式の計算です。宅建業法で定められた正式な仲介手数料の計算方法を知りたい方はコチラをクリック!

両手間の物件と片手間の物件
不動産業者は仲介手数料が収入源となり成り立っています。
例えばあなたが家を買う時は、あなたの他に仲介業者と売主がいますよね。
買主側の仲介業者はこの時に手数料を誰からもらうのか?
まずは買うお客様(あなた)からですよね、でもそれだけでは無いんです。
実は家を売っている売主からも、もらえるんです。(厳密に言いますと頂ける場合と頂けない場合があります。)
売主からも、頂ける場合とは、
買主と売主との間に1社しか仲介業者が入らない場合です。
買主も売主も両方の仲介を1社で行うからです。

これを業者間では“両手間”と呼んでいます。(図1参照)
一方、売主から頂けない場合とは、
買主と売主との間に2社以上業者が入る場合です。
これは買主側の仲介業者、売主側の仲介業者に別れる場合です。

こちらは“片手間”とか“分かれ”と呼んでいます。(図2参照)
この他に例外として、
買主と売主との間に2社以上の業者が入る場合でも、買主側の仲介業者が売主から仲介手数料を頂ける、“両手間”の場合も稀にあります。(図3参照)
この様に、売買の取引には仲介手数料の流れが何パターンかあります。
もちろん仲介業者は“両手間”の物件が嬉しい訳です。

次の方はこちらもご覧ください。
物件が既に決まっている方物件がまだ決まっていない方物件を探して欲しい方

<関連項目>  よくある質問(FAQ)