仲介手数料無料のユニバーサルハウジング 不動産仲介手数料が無料のユニバーサルハウジング 仲介手数料って何? よくある質問 お客様の声 サイトマップ
不動産仲介においての3つの約束
物件はありのままを客観的にご説明致します
3つの約束
不動産仲介手数料のスタイル
物件はありのままを客観的にご説明致します
重要な事は事前に必ずご説明致します
ユニバーサルハウジングの考え方
主役はあくまでもお客様 弊社はお手伝い
お問合せ〜ご購入まで
代表取締役 田辺秀昌 私の起業理由
ユニバーサルハウジングについて
スタッフ紹介
会社概要(事務所MAP)
新聞・雑誌に掲載された記事
2つめのお約束は、
「物件はありのままを客観的にご説明致します」 ということです。
「しつこく営業しない」に比べると弱冠わかりにくいですね。
でも、重要な事なので少しおつきあい下さい。

業界用語に“回し”という言葉があります。
業者の都合の良い物件をお客様に“買わせる”為に、
“売りたい物件を褒めて”、“わざと悪い物件を見せて”、
引き立たせるやり方です。

本来、仲介業者には、“売らなくてはいけない物件はありません”。
仲介できる物件は膨大な数なので、
“どの物件を売っても良い” し、
“良いものだけを売れば良い”
のです。

では、何で“回し”などという事が行われているのか?
それは「仲介手数料の仕組み」に関わっています。
より多くの仲介手数料を手にできる物件を優先しているのです。

ユニバーサルハウジングではこのような事は一切致しません。
仲介手数料の額で物件の評価を変えたりしない。という事です。
古い体質(頭?)の仲介業者は相変わらず1件の仲介手数料に執着しているようですが、ユニバーサルハウジングは数で勝負しています。
お客様を変に誘導する必要がない ので、
営業もとってもラクになりました。

そしてユニバーサルハウジングが最もこだわっているのが、
物件を客観的に判断できる“プロならではの視点”です。
物件の本当の価値=物件の価格
を常に見極められるかどうかということです。


具体的には
1.土地の相場
2.高くなる要素 (角地、南道路、多くの費用をかけた建物、他)
3.安くなる要素 (土地の形が変形、法地や斜面の土地、他)
4.最近の動向
5.今後の見通し

などなど。

この知識を基に、物件をありのままに評価しご説明致します。
「プロなんだから当たり前だろ」って思われるでしょうが、
出来ない営業マン、しない業者は多いんですよ。

また、この頃多くなってきている“直接販売”=“売主直売”ですが、これは、自分の会社の物件を売っている訳ですから、どうしたって褒めたくなりますよね。「するな!」という方が無理な気がします。

お約束致します。
ユニバーサルハウジングは、
真実をありのままにお話致します。

次の方はこちらもご覧ください。
物件が既に決まっている方物件がまだ決まっていない方物件を探して欲しい方

<関連項目>  よくある質問(FAQ)